【SilverTech】オーガニックコットンを使用した抗菌アンダーウエア【シルバーテック】

おならが臭い止まらない
ご注文・お問い合わせは通話無料 0120-922-644 平日11:00~19:00
  |  お問い合わせ  |  会社概要  |  マイページ  |

シルバーテックのテクノロジー

SilverTech - Odorless Underwear Made with Pure Silver

シルバーテック : においが残らない純銀入りアンダーウェア

生乾きの雑巾のようなイヤなニオイの原因は「バクテリアの作用」によるものだった!!

2011年度の学会で「洗濯後の衣類に発生する雑巾臭の原因はモラクセラ菌である」と発表されました。この「モラクセラ菌」とは一体どのような菌なのでしょうか。


モラクセラ菌とは、ヒトの口腔内や気管や性器などの粘膜にいる常在菌の一種です。常在菌は普段は問題ありませんが、免疫力が低下すると肺炎を発症させることもあります。

モラクセラ菌が衣類に付いた皮脂やたんぱく質を分解することで「4M3H」というニオイ物質を発生させます。これが雑巾臭発生のメカニズムです。

このモラクセラ菌は、黄色ブドウ球菌や大腸菌に比べて紫外線や乾燥に強く、いくら洗剤で除菌しても、自然界に存在するモラクセラ菌を衣服に付着させないようにすることは事実上不可能なのです。

つまり、繊維上でモラクセラ菌を増殖させないことこそが唯一無二のニオイ対策ということになります。

・雑巾臭の原因は「モラクセラ菌」
・自然界のどこにでも存在している常在菌
・紫外線や乾燥にも強い性質
・菌を付着させないようにすることは事実上不可能
・菌の繁殖を抑制することが唯一のニオイ対策

普通の銀イオン抗菌とシルバーテックは何が違うの?

一般的な銀イオン抗菌といわれる製品は、生地の上から銀イオンをコーティングしているものがほとんどです。この方法は大量の化学薬品を使い、コーティングした銀イオンも、やがて洗濯や摩擦によって取れてしまい、抗菌効果も薄れてしまいます。

しかし、シルバーテックは違います。銀が汗の水分で酸化するときに大量の銀イオンを発生させる性質を利用して、オーガニックコットンの生地に直接銀の繊維を織り込むことで、無限に銀イオンを発生させることができるのです。糸そのものに殺菌効果があるので、どんなにボロボロになっても抗菌効果は落ちません。最後は捨てる前に雑巾にしたり、トイレ掃除などにお使いいただくことも可能です。

一般的な銀イオン抗菌
◆生地の上からコーティングしている。
◆害のある化学薬品を使って加工される。
◆洗濯する度に銀イオンが剥がれて抗菌効果が薄れていく。

シルバーテックの銀繊維
◆生地に銀そのものを織り込んでいる。
◆自然環境と労働環境のどちらにも配慮した国際的認証を受けている。
◆たとえボロボロになるまで使っても、抗菌効果は変わらない。

 

シルバーテックの防臭実験

シルバーテックの抗菌Tシャツを着て4日間。
毎日運動して1度も洗濯をしなかったらどうなるか実験してみました。

170センチ 77キロのメタボ体系の私ですが、Lサイズを着用しています。
サイズ感は裾は少し長めで、全体的にゆったりとした着心地です。
Yシャツのインナーとして着るなら、170センチの骨格の場合Mサイズでも大丈夫そうです。

1日目
曇り。隅田川のテラス沿いにて軽めのジョギングを約1時間。6~7キロ。

初めてシルバーテックのTシャツに袖を通しましたが、銀の繊維を多く含んでいるのでとてもヒンヤリと感じました。
人一倍多汗症のため普段は駅の階段でもすぐ汗をかくのですが、この日は走り始めてもしばらくはヒンヤリ感が持続。なかなか汗が出ませんでした。
1キロを過ぎたあたりでようやくじんわりと汗ばんできたのがわかりました。約1時間走りましたが気候も穏やかだったこともあり、走っている最中は終始心地よく過ごせたので、Tシャツもグッショグショにはならずに、胸、肩、背中がしっとりと濡れた感じになりました。

Tシャツに十分汗を吸わせたので、洗濯せずに畳んでそのまま放置します。

2日目
雨。スポーツジム内でステップマシン30分とランニングマシン40分。

まず昨日脱ぎっぱなしにしたTシャツのニオイをチェック。
普通ならこの時点で剣道部の部室のような臭いがしてもおかしくないのになんと無臭。さすがです。
今日はあいにくの雨。外でのジョギングは諦めてジムのマシンで有酸素運動をすることにします。
洗ってない2日目のTシャツに袖を通しましたが、初日と同じくサラサラでヒンヤリと冷たい感じ。
気持ち悪いどころか、2日目でも新品を着たような感じでした。

雨で湿度が高くジメジメしたジム内は大量発汗のチャンス。
テレビを見ながらのエクササイズはあっと言う間で、昨日よりもたくさん汗が出ました。
今日はTシャツを脱いだ時ずっしりと重みを感じるくらいびっしょり汗をかきました。

Tシャツを脱いだら、洗濯せずにそのまま放置。

3日目
曇り。また隅田川のテラスにて軽めのジョギング。約60分 7~8キロ

今日もさっそく臭いをチェック。
昨日はとても汗の量が多かったので「もしかしたら・・・」と心配しましたがまったくの無臭でした。
念のために臭いに敏感な女性スタッフ2人にもニオイをチェックしてもらいましたが、汗臭や生乾臭など不快なニオイは一切しないというお墨付きをいただきました。今日で3日目の着用ですが、ベタつきや異臭などの不快感が一切なくサラサラの状態が続いています。

一般的な普通のTシャツの場合、洗濯した直後はいいニオイでも、少し汗ばむとすぐに嫌なニオイが復活することがありますが、シルバーテックのTシャツはそういう心配もなさそうです。

今日もたっぷり汗をかきました。そして脱いだTシャツはまた明日まで放置です。

4日目
晴れ。隅田川のテラスにて軽めのジョギングとストレッチ。

実験開始4日目です。4日間1度も洗濯をしていないことが信じられないくらい無臭です。
今日はお天気もよく気温も高かったのでジョギングは軽めの30分程度で切り上げて、あとはストレッチをして終了しました。

ジョギング中は結構な量の汗が出ましたが、ストレッチをしていると「あっという間」にTシャツも乾いたので、今日はそのまま着替えずに夜までTシャツを着て過ごしました。
今日のように汗をかいた後もずっと着続けている方が、よりリアルな再現実験なのでしょう。
夕方を過ぎてから複数人のスタッフに再度私のニオイをチェックしてもらいましたが、やっぱり全然臭くないとのこと。さすがです。
そしてTシャツを着たまま帰宅し、自宅で食事と入浴を済ませて、ゆっくりテレビを見ていた時に、大きなミスをしたことに気が付きました。

入浴の際に脱いだパンツや靴下と一緒にTシャツも洗濯機の中に放り込んでしまい、
うっかり洗濯してしまったのです!!!(;゚Д゚))))))))
本当はあと数日実験を続けるつもりでしたが、そういう理由で実験は4日間になってしまいました。

今回の実験では毎日運動をして無理矢理大量の汗をかき、洗濯をしないまま4日間連続で着用しても全然いやなニオイが出ないということがわかりました。

私はパンツや靴下、Tシャツといった直接肌に触れる下着類は1回着たらその都度洗濯するのが当たり前だと思っていました。

しかし、数回に1回の洗濯でも衛生的に問題ないのだとしたら、水道代も節約できてお財布にも優しく、生地もより長持ちし、地球環境にもやさしい。一石二鳥三鳥四鳥。。。ということになるのではないでしょうか。

ある研究機関によると、衣類が環境に及ぼす影響の40%は、衣類がユーザーの手に渡ってから発生するそうです。
皆さんもこの機会に、身近なことから環境問題へ取り組んでみてはいかがでしょうか。

銀の殺菌力 

銀はごく微量の量で大きな殺菌・抗菌効果を生み出すことで知られています。銀が酸化するときに発生する銀イオンには微生物の増殖を抑え、バクテリアを殺す殺菌効果があるのです。


銀はモラクセラ菌、レジオネラ属菌、大腸菌、一般細菌、MRSA、ヘルペスウイルス、赤痢菌などほとんどの菌に対して有効と言われています。