【SilverTech】オーガニックコットンを使用した抗菌アンダーウエア【シルバーテック】

おならが臭い止まらない
ご注文・お問い合わせは通話無料 0120-922-644 平日11:00~19:00
  |  お問い合わせ  |  会社概要  |  マイページ  |

トルコ産の最高級オーガニックコットンを使用!



トルコは古くから紡績で栄えた国です。特にエーゲ海に面するイズミール地方は綿花の栽培に適した気候で、イズミール産のコットンは他のコットンより繊維が長くしなやかで、とても耐久性に優れた最高級のコットンとして知られています。

このイズミール市にはトルコで最も古い歴史のある織物会社があります。
彼らは化学物質や農薬を使用しないで栽培されたオーガニック素材を扱うことに誇りをもって仕事をしており、環境保護に対する考え方にも勇気づけられるものがあります。
そんな素晴らしい会社がシルバーテックの生地を作っています。


どうしてオーガニックコットンなのか?

綿の栽培にはとても手間がかかります。

種をまく前に化学肥料
防カビ剤、殺菌剤を散布して、
雑草が生えてくると除草剤

害虫がつくと殺虫剤

実がはじけると落葉剤というように、
大量の薬剤、化学肥料
使われています。

綿の畑は世界の耕作地の
僅か2.5%でしかないのに、
世界の殺虫剤の約16%、
農薬全体の7%が使われています。

アメリカ環境保護局は、アメリカの綿花栽培に
使われている農薬の中で、
10種類の農薬については発がん性の疑いが
あることを認めています。

オーガニックコットンは
畑に化学肥料を散布する代わりに
牛糞やたい肥などの
有機肥料を使用することにしています。

除草剤で雑草を枯らす代わりに
耕運機で月を掘り起こし
雑草を土に埋めます。

オーガニックコットンは
殺虫剤を散布して害虫を殺す代わりに、
畑のまわりにトウモロコシなどの
雑穀を植えて
テントウムシなどの天敵を増やし、
害虫を駆除する方法をとります。

オーガニックコットンは
落葉剤を散布して
綿を収穫しやすくすることはせずに
給水を絶ち、霜によって
自然に葉が落ちるのを
じっくり待ってから収穫します。

綿から布を作るときも
塩素系漂白剤などの化学薬品は
できるだけ使わずに、
天然ワックスやデンプンを主体に使います。

発がん性物質、アレルギーの元となる
薬品はすべて使用禁止。
染料も厳しく制限しています。

遺伝子組み換えの種は使わず
おおむね3年以上化学薬品や化学肥料を
使わない畑で栽培され、
製品になるまですべての工程で
できるだけ化学薬品を使わずに作られたものが
オーガニックコットンと呼ばれます。

そんなオーガニックコットンの生産量は
綿の全生産量の1%未満でしかありません。

そしてオーガニックコットンでは
農民のことも考えています。

公正な価格で買い取ること、
買取の保証をすること、
子供たちが学校に
行ける時間を作ること・・・

フェアトレードにより、
農民たちの暮らしの向上にも努めています。

GOTS認定
GOTS(ゴッツ)はGlobal Organic Textile Standardの略。
オーガニック・テキスタイルの世界基準のです。


オーガニックコットンやウールなどの認定された原料を
Tシャツなど最終製品にするまでの
プロセスにおいて

「毒性のある染料の使用はないか?」
「搾取的な動労はないか?」
など、
環境への配慮と社会的な責任に関する
基準を持っています。

私たちはオーガニックコットンの製造工程が、
人と環境にやさしく、
地球への負荷を減らしていくことを目指しています。